東京都葛飾区で相続手続き・終活(遺言書作成など相続対策)なら奥田航平行政書士事務所

東京都葛飾区で相続手続き・終活(遺言書作成など相続対策)なら奥田航平行政書士事務所

【対応地域】 東京都(葛飾区)とその周辺市区

03-6318-9552

電話受付時間 : 09:30(土休日10:30)~17:30 不定休

お問い合わせフォームでは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

例えば、こんなお悩みはありませんか?

  • 自分が死んだ時に、
     相続のことで家族がもめることのないようにしたい
     でも、そのために何をすべきか、よく分からない
  • ②私は独身で身寄りが一人もいない
     法定相続人が誰もいない上に、
     自分が死んだときに火葬や遺品整理などをしてくれる人がいない
     終活をしたいけど、自分の場合どうすべきなんだろう
こんなお悩みをお持ちの皆様、まずは、ご相談下さい!
相続を専門に手掛ける奥田航平行政書士事務所が、
お客様の終活・相続対策を徹底サポートいたします。
03-6318-9552
受付時間=09:30(土日祝日10:30)~17:30 受付時間変更、休業日についてのご案内はこちら
【もし、留守番電話につながった場合は、お名前電話番号録音願います
折り返し、ご連絡を差し上げます】
↑お問い合わせフォームなら24時間受付いたします↑

終活・相続対策の重要性

最近、「終活」や「相続対策」といった言葉を聞いた方も多いと思います。
関連する書籍が数多く発売されているほか、セミナーなども開かれており、
興味を持っている方も多いのではないでしょうか

終活・相続対策がなぜここまで注目されているのか
それは、以下のような重要性があると考えられているからです。

1.残される家族に迷惑をかけずに済む

例えば、生前に財産の分け方を指定してしまえば、
遺産を巡って家族が争う可能性を排除できる上に、
相続手続きがラクになるので、ご家族にとってはありがたいことです。

また、財産の分け方を決める以外にも、
葬儀会社と生前契約する、お墓を用意しておくなど、
今できることをすることで、残されるご家族に迷惑をかけずに済むのです。

2.身寄りのない人でも、自分の「もしも」に対応できる

最近は少子高齢化や非婚化などもあり、生涯独身で、
親兄弟などの身寄りが誰もいない方も多いと思います。

そんな方が、終活・相続対策に取り組むことで、
ご自身に「もしも」のことがあったとしても、問題が起こらないようにすることができます

3.ご自身の人生を振り返り、生き方を見直すきっかけになる

終活・相続対策というと、どうしてもご自身の「」を連想してしまい、
後ろ向きになってしまう方もいらっしゃると思います。

しかしこれらは、実際には「前向きになれる」ものなのです。
取り組む中で、ご自身のこれまでの人生を振り返り、
これからのご自身(とご家族)についてデザインすることができる
からです。

この作業をすることで、ご自身の人生をより豊かにすることができる効果があるのです

しかし、こんな落とし穴があるので注意が必要です

終活・相続対策をやることはとても良いことなのですが、
以下のような「落とし穴」があるので、十分に注意する必要があります

1.対策したはずなのに、逆に家族を争わせる結果になることが…!

例えば、遺言書を作って遺産の分け方を指定したとします。
普通は、こうすることで家族が遺産争いをすることがなくなるので一安心、なのですが…、
書き方に不備があったり、内容に曖昧な点や抜けている財産などがあると、
折角作った遺言書が法的に無効になったり、
内容を巡ってご家族が裁判所で争う結果になる…ということがあり得ます。
これだと、それまで頑張ってきた相続対策が無駄になってしまいます

2.いざという時、頼る人がいない…!

終活・相続対策で大切なことの一つが、「いざという時に頼れる人がいるか」です。
身寄りのない方はもちろんのこと、
ご家族はいるけれども疎遠、あるいは仲が悪い(特に兄弟間で問題になりやすいです)などで、
いざという時に頼れる人がいらっしゃらない方もいることでしょう。
そういう方の場合、まず「頼れる人」を見つけておかないと、
ご自身にもしものことがあった時、必要なことをしてくれる人が誰もいなくなってしまいます

3.一人で進めると失敗する可能性大!

終活・相続対策は自分の問題だから、自分一人で進めるべきだ、
とお考えの方もいらっしゃると思います。
しかし、それだと失敗する可能性が高いのです。
なぜなら、ご自身の「もしも」の前後には、必ず、ご家族をはじめとした「」が関わるものであり、
また、相続対策は様々な観点から考えなければならないからです
(どういう対策が一番自分に合っているか、や、税制面での問題、など)。

4.早く始めないと、認知症などで話ができなくなる可能性が!

終活・相続対策は早いうちから取り組むことがとても大切です。
なぜなら、歳をとればとるほど、認知症病気・けがのリスクが高くなり、
話ができないまま亡くなってしまうことも往々にしてあるからです。
身体が元気なうちにやらないと、後悔して一生を終えることになるかも知れません

終活・相続対策の正しい進め方

071-photo-min
では、どうしたらいいのでしょうか。

1.自分一人で進めず、まずは相談する!

まず大事なことは、「終活・相続対策を自分一人で進めない」ことです。
自分一人で進めてしまうと、その過程で気付かぬ失敗をしてしまい、
ご家族に迷惑をかけてしまうこともあるからです。
ですので、他人と相談しながら進めることが何よりも重要となります。
また、相談しながら進めることで、
ご自身では気付かなかった課題や、ご家族の想いに気付くことができますので、
失敗せずに終活・相続対策を進められ、また、心豊かに人生を送れるようになります

2.相談する時には、終活・相続対策の専門家にお願いする!

では、誰と相談するのが良いのでしょうか。
もちろん、ご家族と相談することも非常に大切なのですが、
やはり、「終活・相続対策の専門家」に相談することが重要だと言えます。
終活・相続対策の専門家が入ることによって、
お客様の状況やご希望に合わせた「今後すべきこと」を整理し、実行することができるからです。
また、終活・相続対策の専門家は、ご家族を交えた話し合いにも参加できますので、
ご家族とどう向き合えば良いか…といったお悩みにも対応できます

3.元気のあるうちに始める!

次に大事なこととしては、「元気のあるうちに始める」ことが挙げられます。
例えば、終活・相続対策の基本である「遺言書の作成」は、
法律により、認知症を発症するともはや作成できないこととされています。
そうなると、家族の遺産争いを防ぐことすらできなくなってしまいます。
できないことが増えないうちに、できることをやる」を心がけるべきでしょう。

4.いざという時、身寄りがなくても頼れる人を見つけておく!

そしてもう一つ大事なことは、相談できる相手を見つけるのみならず、
いざという時に頼れる人を見つけておくことです。
特に、身寄りのない方の場合、
ご自身の死後に発生する様々な手続き(葬儀、遺体の火葬などを含む)について、
包括的に任せられる終活・相続対策の専門家がいたら、
安心して最期を迎えられるのではないでしょうか。

当事務所の終活・相続対策サービスをご利用いただくメリット

当事務所に終活・相続対策サービスをご依頼いただくと、以下のメリットがございます。

(1) 終活・相続対策専門だから安心です

当事務所は、終活・相続対策専門の事務所です。
これまでに100件以上のご相談・ご依頼をお受けしてきました
お客様の状況やご希望を踏まえ、「今後すべきこと」を整理し、
最適なプランをご提案できるようにしております

(2) お客様に寄り添い、ご家族からのご相談にも応えます

当事務所では、終活・相続対策は「具体的な手続きをお手伝いする」のみならず、
コンサルティング(ご相談とご提案)を通じて、お客様の人生をより豊かにする」ことだと考えています。
この理念に基づき、お客様に寄り添い、どうすればお客様にとって一番良いのか、
どの専門家よりもわかりやすくご案内、ご提案するとともに、
一緒に考え、行動いたします。
その結果、お客様には終活・相続対策に前向きに取り組んでいただくことができます

また前述の通り、終活・相続対策には周りの方との相談がとても大切です
ですので、お客様ご本人はもちろんのこと、ご家族からのご相談にもお応えします

(3) お客様の死後まで対応するので、いざという時頼れます

先ほども述べたように、終活・相続対策では、「いざという時に頼れる人」の存在が重要です。
特に、身寄りのない方の場合はご家族がいらっしゃらないので、喫緊の課題と言えます。
そこで当事務所では、

遺言執行
死後事務委任

といった、お客様の死後に行うサービスもご用意しております
当事務所代表が「いざという時に頼れる人」になりますので、安心できます

さらに、これらを専門家にお願いする場合は「若さ」も大切な要素です。
(専門家がお客様と同年代あるいは年上の場合、
お客様にもしものことがあるよりも前に、死亡あるいは病気等で執務できないリスクが高いため)
その点、当事務所代表は現在30代の若さ
仮にお客様が30年後に亡くなられたとしても、まだ60代ですから、
問題なく死後に行うサービスを進めることができます

(4) 同業・他士業との提携によるワンストップサービス

当事務所では、同業・他士業と提携しており、
必要に応じて提携先の力も借りながら、終活・相続対策を行っております。

提携行政書士との連携業務…死後事務委任の予備受任など
提携司法書士との連携業務…信託登記手続き、成年後見など
提携税理士との連携業務…相続税シミュレーション、生前贈与時の税金の申告と納税など
提携社会保険労務士との連携業務…ご加入の年金、事業承継に関するご相談など

また、現に将来の相続を巡ってもめ事が発生している場合などには、
弁護士にお願いできる体制を整えているほか、
不動産会社保険会社などとも連携して進めることが可能です。

これにより、お客様は、当事務所にのみお問い合わせ・ご相談をされるだけで、
終活・相続対策をすべて行うことができます

(5) お客様のご希望により選べる豊富なメニュー

一口に終活・相続対策と言っても、お客様の状況やご希望により、
具体的に行うべきことが異なってきます

そこで、当事務所では後述の通り、お客様のご希望に合わせて選べる、
「具体的に行うこと」を多数ご用意しております。
終活・相続対策の基本と言える「遺言書(公正証書遺言)の作成」はもちろんのこと、
死後事務委任など、お客様に合ったメニューがございますので、
どれがご自身にとって必要なのか、ぜひご相談下さい。

(6) 明瞭な料金体系

当事務所では、明瞭な料金体系となるよう設定を行っております
具体的な手続き内容ごとの料金はそれぞれのページにてご案内しております。

(7) ご契約前のご相談は無料。お客様のご自宅等への出張もいたします

当事務所では、

相続についての現在の状況、お客様のお悩みお考えを、時間や料金を気にせず教えてほしい
当事務所のサービスについて事前に理解し、信頼してもらいたい

との考えから、ご契約前のご相談を無料にてお引き受けしております
お客様からお伺いした内容をもとに、サービスのご説明や今後のアドバイスをいたしますので、
その上でご契約をなさるかどうかをご判断いただけます
相談料はいただきませんので、お気軽にご相談下さい

また、ご相談の場所については、

来所(お客様に当事務所までお越しいただく)
出張お客様のご自宅など、お客様ご指定の場所に当事務所代表がお伺いする)

どちらかからお選びいただけます
(出張の場合、場所によっては出張料として往復の交通費を頂戴いたします)
お客様のご都合に合わせて場所が選べますので、より相談しやすくなっております

具体的なサービスの概要ご紹介

終活・相続対策でご相談いただいたお客様にご提案している、
具体的なサービスの概要は以下の通りです。

サービス名 遺言書(公正証書遺言)作成サービス
(↑クリックすると詳細ページに移動します)
サービス内容 遺言書の作成は、終活・相続対策の「基本の『キ』」です。
当事務所では、遺言書の中でも作成のメリットが多い「公正証書遺言」の作成をお手伝い。
遺産に関するお客様のご希望を叶えることができます。
料金 11万円(税込)+実費
夫婦同時作成割引あり。この場合17万6000円(税込)+実費
こんな方におすすめ 遺産相続子供達にもめてほしくない、と思っている方
・遺産の一部を慈善団体などに寄付したいと考えている方
介護をしてくれた「相続人以外の家族」に遺産を渡したいと考えている方
子供がいないので、遺産のすべてを配偶者に相続させたい方(兄弟に相続させない)
事実婚や同居のパートナーに遺産を引き継いでほしいと考えている方
サービス名 遺言執行
(↑クリックすると詳細ページに移動します)
サービス内容 遺言書を作成されたお客様がお亡くなりになられた後、
遺言書の記載に基づいて、不動産の名義変更や預貯金の解約払戻しなど、
遺産に関する様々な手続きを行います
料金 遺産総額による変動制(最低33万円+実費)
こんな方におすすめ ・遺言書作りをお願いしたので、死後の相続手続きについても任せたい
備考 遺言書(公正証書遺言)作成サービスと同時にお申し込みいただきます
料金は、お客様の死後、遺産から頂戴する形となります。
サービス名 死因贈与契約書作成サービス
サービス内容 相手方との同意の下、ご自身の財産を、ご自身の死後に確実に相手方に受け取ってもらうには、
死因贈与契約」が有効です。
また、死因贈与契約は、ご自身の介護などをすることを条件に設定することもできます。
当事務所では、死因贈与契約書の作成をお手伝いいたします。
料金 11万円(税込)+実費
遺言書作成サービスと同時にお申し込みの場合、5万5,000円(税込)+実費
こんな方におすすめ ・ご家族の誰かにご自身の介護をさせる代わりに、死後に特定の財産を渡したい
・相続を放棄しそうなご家族に、双方同意の下確実に遺産を相続させたい方
備考 遺言書(公正証書遺言)と同時に作成することをお勧めいたします。
サービス名 任意後見契約サービス
サービス内容 ご自身が将来認知症などで財産管理ができなくなった時に、
財産管理や身上監護をしてくれる人を予め決めておくことのできる「任意後見」。
当事務所では、任意後見の契約書作成(必ず公正証書によって作ります)をお手伝いするほか、
ご希望があれば、後見人をお引き受けいたします。
料金 5万5,000円(税込)+実費
こんな方におすすめ 認知症になった時に備えて、財産管理を任せる人を決めておきたい方
 (ご家族を指名することも可能です。
  一般的な後見では、家庭裁判所が見ず知らずの人を指定することが多いので、
  信頼できる人に最初からお願いすることのメリットと安心感は計り知れません)
備考 後見人に当事務所代表をご指名の場合、実際に後見業務を行う際には、
月々の業務料金を、契約書作成時とは別に、お客様の財産から頂戴することとなります。
サービス名 死後事務委任サービス
サービス内容 遺言書では、「遺産の分け方を指定する」など法的に効果が生じる内容が限定されています
そこで、「死後事務委任」の契約をしていただくことで、
ご遺体の引き取りや葬儀、火葬、納骨、遺品整理など、
遺言書ではカバーできない「死後に行う手続き」をお任せいただくことができます
この契約をすることで、「いざという時に頼れる人」を確保することができます。
料金 契約書作成時:11万円(税込)+実費
死後事務執行時:30~400万円程度(実費含む。委任内容によって大幅に前後)
こんな方におすすめ ・ご家族に障がいがある、長期にわたり海外にいる、などの事情により、
 ご自身にもしものことがあった時に、ご家族以外の別の人にご遺体の引き取りなどを頼みたい方
サービス名 おひとりさま向け終活プラン
サービス内容 独身で身寄りのない方にお勧めする終活プランです。
見守り契約」「任意後見契約」「遺言書(公正証書遺言)作成」「死後事務委任契約
以上4つを行うことで、現在からお客様の死後に至るまでトータルサポートいたします
また、オプションで「尊厳死宣言公正証書作成」も加えることができます。
当事務所代表が「いざという時に頼れる人」になるので、安心です
料金 契約書・遺言書作成時:27万5,000円(税込)+実費
死後事務執行時:最低300万円程度(実費含む)
※ほか、見守り契約に基づく面談、後見業務等により都度費用が発生いたします
こんな方におすすめ 独身で身寄りがなく、もしもの時にどう備えたらいいか悩んでいる方
備考 本プランでは上記4つの契約等がすべてセットになっております
一部の契約を外すなどのご対応はできかねますのでご了承下さい。
また、料金のお支払いは都度払いになるものと、死後に遺産から頂戴するものの2パターンございます。
さらに、リスク軽減の観点から、予備受任者として提携行政書士等を加えております。
サービス名 パートナーシップ宣誓(証明)ご利用の方向け 安心プラン
サービス内容 自治体が実施している「パートナーシップ宣誓(同意)」制度を利用しているお二人のための、
生涯、そして死後に至るまでの安心を確保できるプランです。
合意契約」「財産管理委任契約」「任意後見契約」「公正証書遺言」「死後事務委任契約
これらを作成し、お互いに「いざ」という時に対応できるようにします
料金 22万円(税込)または55万円(税込)+実費
※ご選択いただく契約書等の作成範囲により料金が異なります
※任意後見等の予備受任者に当事務所代表をご指名の場合、上記とは別に料金が発生いたします
こんな方におすすめ パートナーシップ宣誓(証明)を利用している方
 (これから利用予定の方もご依頼いただけます)
備考 本プランでは上記5つの契約等がすべてセットになっております
ただし、同時に作成する契約書等は2つのプランからご選択いただけます。
また、当事務所とのご契約はパートナーのお二人双方と同時に行う必要がございます
サービス名 墓じまい・お墓のお引っ越しサポートサービス
サービス内容 近年、終活の一環で墓じまいお墓のお引っ越しをお考えの方が増えていますが、
これらは墓地管理者と話し合ったり契約するだけでは実現しません
当事務所では、これらを実現するための核となる「改葬許可申請手続き」を中心に、
墓じまいやお墓のお引っ越しを実現するべくお客様をサポートいたします。
料金 5万5,000円(税込)~+実費
※ご遺骨の数、墓石撤去手配などにより料金が異なります
こんな方におすすめ ・子供がおらず、先祖代々のお墓を継ぐ人がいな
・従来のお墓から、永代供養や樹木葬のお墓に移したい
・両親のお墓が地方にあり、墓参が困難なため、地元に移したい
サービス名 エンディングノート作成支援サービス
サービス内容 エンディングノート」は基本的に、ご自身にて必要な項目に記入していくものです。
しかし、ご自身のお考えがなかなかまとまらず、
一人ではなかなか進まないという方もいらっしゃると思います。
このサービスをご利用いただくと、当事務所代表と対話を重ねることで、
エンディングノートの記入が一気に進むほか、
これまで気付かなかったご自身の想いに気付く、将来への考えが固まるといった効果がございます
終活・相続対策の「はじめの一歩」としてお勧めです。
料金 ご面談1回(1時間)につき 3,300円(税込)
※必要回数は、進捗状況により異なります
※お支払いはご面談の都度となり、着手金はございません
こんな方におすすめ ・エンディングノートを手に入れたが、なかなか筆が進まない
自分一人だと、過去の自分を思い出し、これからの希望をまとめるのが難しい
備考 エンディングノートは、お客様にてお好きなものをご用意下さい。

終活・相続対策サービスの流れ

1. お問い合わせ(ご連絡)

まずは、当事務所にお問い合わせ(ご連絡)下さい。
お問い合わせはお電話、またはお問い合わせフォームにてお受けいたします。
お客様のご希望を踏まえ、ご相談の日時と場所を決定いたします。

2. ご相談(お客様とのご面談) ※対面にて実施


お客様と直接お会いしお話をお伺いいたします
その上で、
お客様にはどのような形が最適か
(例えば、遺言書を作るだけで十分なのか、など)を、
お客様のお考えに沿える形でご提案いたします

また、当事務所のサービスについて併せてご説明いたします

日時・場所について

日時については、お客様のご希望を最優先に決定いたします。
土日祝日や平日の夜間でも対応可能ですので、遠慮なくお申し出下さい。

また場所については、お客様にご自由にお決めいただけます
当事務所またはお客様ご指定の場所)。

3. ご契約


当事務所のサービスについてご納得いただけましたら、ご契約となります。
(※ご契約は、ご相談に基づいて決定した具体的なサービス(遺言書作成など)に対して行います)
その際、着手金をお支払いいただきます
(その場で現金払いまたは指定期限までに銀行振込)。

ご契約について

弊所では、ご契約前のご相談の際に、サービス内容や料金をご説明し、
ご納得いただけてから契約することにしております
強引に契約を進めることや、しつこく勧誘することはございませんので、
どうぞご安心下さい。

また、ご契約に至らなかった場合でも、相談料はかかりません

4. 作業の実施

060-photo-min
ご契約に基づき、遺言書作成などの具体的な作業を進めていきます
具体的な進め方は、各サービスのページをご覧下さい。
(作業にかかる期間は、サービスによって異なります。
また、多くの場合、公正証書の作成がございますので、
お客様に公証役場においでいただくこととなります
ご協力のほど、お願い申し上げます)

5. 業務完了、料金精算

041-photo-min

すべての手続きの終了後、料金を精算いたします。
料金総額から着手金を引いた残額を、現金または銀行振込でお支払いいただきます
(銀行振込の場合は当事務所が定める期限までにお支払いとなります)。

よくあるご質問

Q.終活・相続対策サービスと遺言書作成サービスは何が違いますか。

当事務所では、終活・相続対策サービスの中の一つとして、遺言書作成サービスを提供しております。

終活・相続対策は、お客様のご事情やお考えにより、
ご利用いただくのに最適なサービスが異なっております
多くの場合、遺言書作成をご提案することになりますが、
遺言書がすべてではありませんので、その点ご理解いただければ幸いです。

Q.私は葛飾区民ではないのですが、対応してもらえますか。

はい、喜んで対応いたします

当事務所は葛飾区にあるため、葛飾区のお客様からのご相談・ご依頼が多いのですが、
葛飾区にお住まいの方に限らず、全国どちらのお客様にも対応いたします
また、ご契約前の面談(無料相談)で場所を「お客様ご指定の場所(お客様のご自宅など)」とする場合、
全国どこにでも参りますのでご安心下さい。

なお、指定エリア外への出張相談の場合、
出張料として、往復の交通費をいただきますのでご了承下さい。
(指定エリアはこちら

Q.いつ、相談をすればよいのでしょうか。

終活・相続対策に興味を持ったら、すぐにご相談下さい
「落とし穴」の項でもご案内した通り、歳をとればとるほど、
認知症や病気・けがのリスクが高まり、話をしたくてもできない状態になることがあり得ます。
元気なうちに、できることをやる」のが終活・相続対策のあるべき姿ですので、
今すぐご相談いただくのがベストです。

資格者(当事務所代表)のご紹介


行政書士 奥田 航平
(奥田航平行政書士事務所代表、東京都行政書士会 登録 第13082587号)

当事務所代表(資格者)が、
すべてのお客様からのご依頼に直接対応いたします

大手事務所の場合、ご契約前のご相談を、無資格の事務員が受けることもありますが、
当事務所では、ご契約前のご相談から業務の完了まで、一貫して代表がお受けしますので、
安心してご相談・ご依頼いただけます

推薦者の声

普段お世話になっている方から推薦をいただきました
以下にご紹介します。
写真をクリックすると推薦文を読めます

ここをタップして表を表示Close
行政書士 鈴木先生
IMG_3558 (2)

最後にもう一度、終活・相続対策のすすめ

終活・相続対策に取り組むことは、

残されるご家族(特に子供世代)の争いをなくし、負担を減らせる
身寄りのない方でも安心して最期を迎えることができる
これからの人生をより豊かに過ごすことができる

などのメリットがあります。

当事務所は、「終活・相続対策専門の事務所」として、お客様に寄り添い、
これから行うべき最適な内容をご提案し、お手伝いします
ぜひ、今すぐご相談下さい

03-6318-9552
受付時間=09:30(土日祝日10:30)~17:30 受付時間変更、休業日についてのご案内はこちら
【もし、留守番電話につながった場合は、お名前電話番号録音願います
折り返し、ご連絡を差し上げます】
↑お問い合わせフォームなら24時間受付いたします↑

まずはご相談。当事務所へのご連絡(お問い合わせ)方法等のご案内

ご連絡方法

当事務所へのご連絡(お問い合わせ)は、

お電話
お問い合わせフォーム

で受け付けております。
ご利用しやすい方法でご連絡下さい。

受付時間

お問い合わせフォーム24時間年中無休

お電話=平日   09:30~17:30
     土日祝日 10:30~17:30

 お電話の受付時間は、都合により変更になる日があります
 また休業日はお電話での受付を休止いたします
 変更情報と直近の休業日は「
お知らせ」ページでご案内しております

ご連絡先

Return Top