東京都葛飾区で相続手続き・遺言書作成なら奥田航平行政書士事務所

東京都葛飾区の奥田航平行政書士事務所

【対応地域】 東京都(葛飾区)を中心に全国各地

03-6318-9552

電話受付時間 : 09:30(土休日10:30)~17:30 不定休

お問い合わせフォームでは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

遺言執行の料金について

遺言執行の料金

弊所が提供している遺言関係のサービスのうち、
遺言執行」(遺言書の内容を実現するため、手続きを進めるサービス
については、料金の設定方法が他のサービスと異なっていることから、
こちらのページにてご案内いたします。

遺言執行の料金は、
遺言書に書かれた財産の総額」に応じて、
下の表に当てはめて計算します。

ここをタップして表を表示Close
  料金
1000万円以下の範囲 30万円
1000万円を超え、
3000万円以下の範囲
この範囲にあたる額の1.5%
3000万円を超え、
5000万円以下の範囲
この範囲にあたる額の1%
5000万円を超え、
1億円以下の範囲
この範囲にあたる額の0.9%
1億円を超え、
3億円以下の範囲
この範囲にあたる額の0.8%
3億円を超える範囲 この範囲にあたる額の0.5%

料金計算上の注意点

財産総額の評価方法について

上記の表の「財産総額」については、
遺言書を執行する時点での評価額で計算します。
例1:不動産=遺言書執行時点の固定資産税評価額
例2:預貯金=遺言書執行時点の残高

消費税について

消費税については、遺言書を作った方が亡くなった時点で適用されている税率により、
上記の表により算出された額に加算いたします。
例:財産総額が1000万円で、亡くなった時点の消費税率が8%の場合
  →上記表の通り、料金は30万円。
   ここに消費税8%を加算し、料金は32万4000円となります。

実費について

遺言執行にあたり発生した実費
(移動のための交通費、戸籍取得の手数料、不動産の登録免許税など)については、
上記の表により計算された料金とは別に、
発生した額の全額を頂戴しております

難易度加算、特急料金について

難易度加算、及び特急料金については、遺言執行のサービスでは設定しておりません。

遺言執行の料金の例

以下に一例を用意していますので、参考になさって下さい。

例1

・財産総額 800万円

→上表の「1000万円以下の範囲」にあたるため、基本料金は30万円
 よって、30万円+税が料金となります
 (仮に消費税率が8%だとすると、32万4000円)。
 ※別途実費が発生するため、最終的には35万円前後となる見込みです。

例2

・財産総額 3500万円

→上表の「1000万円以下の範囲」より、30万円
 「1000万円を超え、3000万円以下の範囲」に、2000万円分があたっているため、
 2000万円の1.5%で、30万円
 「3000万円を超え、5000万円以下の範囲」に、500万円分があたっているため、
 500万円の1%で、5万円
 合計で、65万円+税が料金となります
 (仮に消費税率が10%だとすると、71万5000円)。
 ※別途実費が発生するため、最終的には80万円前後となる見込みです。

例3

・財産総額 5億円

→上表の「1000万円以下の範囲」より、30万円
 「1000万円を超え、3000万円以下の範囲」より、2000万円分があたっているため、
 2000万円の1.5%で、30万円
 「3000万円を超え、5000万円以下の範囲」より、2000万円分があたっているため、
 2000万円の1%で、20万円
 「5000万円を超え、1億円以下の範囲」より、5000万円分があたっているため、
 5000万円の0.9%で、45万円
 「1億円を超え、3億円以下の範囲」より、2億円分があたっているため、
 2億円の0.8%で、160万円
 「3億円を超える範囲」より、2億円分があたっているため、
 2億円の0.5%で、100万円
 合計で、385万円+税が料金となります
 (仮に消費税率が10%だとすると、423万5000円)。
 ※別途実費が発生するため、最終的には450万円前後となる見込みです。

料金がどのくらいになるかは、お客様ごとに異なりますので、
相続人の皆様には、執行に先立って行う財産調査の結果をもとに、
およその金額を通知させていただきます

料金のお支払い方法について

遺言執行の料金のお支払い方法については、原則として、

遺言書を作られた方がお持ちの預貯金、及び現金からお引き当て

という形を取っております。
ただし、以下に該当する場合は相続人(または受遺者)の皆様のご負担となります。

・遺言書中に、預貯金または現金についての記載がない場合。
・遺言書を作られた方が亡くなられた時点で、預貯金及び現金の合計額が、
 遺言執行の料金を下回っている
場合
 (不足分をご負担いただきます

《参考:お引き当てのイメージ》
財産総額1000万円、亡くなられた時の預貯金・現金の残高が100万円で、
「預貯金・現金はすべて妻に相続させる」という内容の遺言書の場合

…当方にて銀行での払い戻しを行ったのち、そこから料金を頂戴します。
 残額(料金が税込33万円だった場合は、67万円)を、妻の方に引き渡します。

お申し込みについて

遺言執行サービスのお申し込みについては、
弊所の遺言書作成サービスと同時にしていただいております
(※お作りする遺言書の中に「遺言執行者 行政書士 奥田航平」と記載するため)
東京都葛飾区で行政書士をお探しの皆様、
奥田航平行政書士事務所をご利用下さい!
>>葛飾区で行政書士をお探しの方はこちら
Return Top